大きな病気にならないためにも血管年齢を下げることは非常に大切です。
サプリや食べ物を上手に取り入れて血管年齢を下げましょう。

 

血管年齢を下げる方法!

血管年齢を下げる方法とは?
血管年齢を下げて健康を守るためにはどんなことをすればよいのでしょうか。

 

血管年齢を下げる方法とは?

 

最近は健康にあまり良くないという理由でタバコを吸う人が減ってきましたが、タバコは血管年齢を上げる原因になります。

 

やめられないからと続けていると、血管年齢が上がってしまって大変な病気にかかる可能性が上がりますから、自分の体を守るために、禁煙はオススメです。

 

血管年齢を下げるためだけではありませんが体を動かすのも大切です。

 

仕事が忙しい、または運動はあまり好きではないなどの理由から運動不足の方は多いですが、運動をしないと血管が狭くなって血管年齢を上げる原因になります。

 

血管が狭くなると血流が悪くなってしまいますから、ウォーキングやストレッチなど、簡単な運動で良いので積極的に毎日の生活に取り入れていきましょう。

 

血管年齢を下げる食べ物やサプリも効果はあります。普段から塩分が多いものをよく食べているからか血圧が高めな方などは、このままの生活を続けていると体によくありません。

 

塩分を外に出してくれるカリウムが入ったバナナなどを積極的に食べたり、体が必要としている成分がたっぷり入ったサプリを飲んで、狭くなった血管を広げることが大切です

 

血管年齢を下げるためにサプリを飲むのもおすすめ

 

食べ物やサプリならば簡単に取り入れられますから非常に楽な方法です。

 

 

血管年齢をサプリで若返らせるならコレ!

血管年齢をサプリで若返らせるならコレがおすすめです!

 

血管年齢を下げる効果が高いものとしておすすめしたいサプリが、オリーブジュースカプセルです。

 

オリーブオイルは体に良いものとして知られていますが、健康に効果の高い成分をしっかり閉じ込めたサプリメントですから、このサプリの効果の高さは期待できます。

 

血管年齢を下げるサプリでおすすめのオリーブオイル

 

オリーブジュースカプセルの中には、オリーブオイルの中でも最高級で品質が優れているエキストラバージンオイルが入っています。

 

農薬を全く使わずに有機栽培で作られたオイルですから純度が高いのがわかります。

 

さらに、オリーブジュースカプセルの中には、オイルに絞りきれなかったオリーブポリフェノールを特殊技術で抽出しました。

 

それをサプリに入れる事によって、オリーブジュースカプセルはさらにオリーブオイルの成分が濃く、効果が高くなっています。

 

オリーブポリフェノールは1日5mgの摂取が望まれていますが、オリーブオイルからオリーブポリフェノールを取ろうと思うと140mlも摂取しなければいけません。

 

しかし、オリーブジュースカプセルサプリの中には、特殊技術で抽出したオリーブポリフェノールが入っていますから効率よくオリーブオイルの成分を吸収できます。

 

オリーブオイルの中には血液をどろどろにならないようにサラサラに保てるオレイン酸、体を酸化から守って細胞の健康を守る効果のあるビタミンE、そして一日に5mg摂取すれば体を酸化させないように保護できるヒドロキシチロソールが入っています。
これらが全て1粒のサプリに入っています。

 

血管年齢を下げるサプリでおすすめのオリーブジュースカプセル

 

血液をサラサラに保つために必要だとされている不飽和脂肪酸には、オリーブオイルの他に青魚など魚介類の中に多く含まれていますが、現代の日本人の食生活を考えますと、普段の食事だけで体が必要としているだけの不飽和脂肪酸を摂取するのはかなり難しいです。

 

食事に気をつけるのももちろんですが、食事で足りない分は他の方法で補うのが必要です。

 

そういった理由から最近オリーブオイルが注目を受けていますが、その中でも質の良い有機栽培のもので作られたオリーブジュースカプセルのサプリを毎日摂取していれば、血液をいつまでも健康に保てます

 

食べ物だけで血管年齢を若く保てればいいですが、
難しいのであればサプリメントなどを飲むのもいいでしょう。

 

血管年齢は食べ物で若返る?

血管年齢はサプリ以外に食べ物で若返るのでしょうか?

 

若い頃はたいして何もしていなくても元気だったし見た目にも若々しかったのに、年齢とともに急に老けてしまったし体調も不安定になった方は少なくありません。

 

血管年齢は食べ物で若返る?

 

体調の悪さや肌の調子の悪さの原因は、血管年齢が高くなっているせいかも。
下げるためにはどのような対応ができるのでしょうか?

 

今すぐできる対処法として考えられるものと言えば食べ物です。
血管年齢を下げるために効果的な食べ物は何かについてお話します。

 

血管年齢を若返らせる効果の高い食べ物の一つがトマトです。
トマトにはカリウムが豊富に含まれており、カリウムには体の中にたまった塩分を外に出す働きがあります。

 

塩分が外に出れば血液の流れも良くなり、血管年齢も下がります。
トマトはそのままサラダなどにして食べても良いですし、
トマトジュースを飲んだり料理に取り入れるのも可能です。

 

もう一つ血管年齢を下げる食べ物として紹介したいものが納豆です。

 

納豆は健康を維持する効果がある食品としていろいろなところで取り上げられていますが、
納豆の成分であるナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があります。

 

朝の食べ物はいつも納豆ご飯!の方もいるかもしれませんが、
毎日取り入れると納豆パワーで血管を若返らせましょう。

 

納豆は血管年齢を若返らせる食べ物

 

その他にも玉ねぎやしょうが、レモンも血管年齢を下げる食べ物として知られています。

 

代謝を上げる事で血液の流れを良くして体を守るしょうが、血流を良くして動脈硬化を予防するたまねぎ、そして体の免疫力を上げるビタミンCがたっぷり入ったレモンは、どれも効果がありますから、うまく取り入れてください。

 

他にも血管年齢を下げる食べ物はたくさんあります。
食べ物を選ぶときに、血管年齢を気にしてトマトや納豆ばかり食べるのではなく、
いろんな食材をいろんな種類食べるのがおすすめです。

 

特に野菜を中心とした食べ物選びがオススメです。
血管年齢を若く、血液をサラサラにしてくれるのが野菜です。

 

毎日しっかりとした食べ物を取るのは難しい、という方にはサプリがおすすめです。
サプリで体に足りない成分を取ることで、血管年齢をより若くしてくれるでしょう。
食事にプラスしてサプリを摂ることで、健康な生活を送りましょう。

 

サプリや食べ物を上手に摂取して、血管年齢を保てるようにしたいですね!

 

 

血管年齢が高い!原因は何?

血管年齢が高い!
原因は何が考えられるのでしょうか?

 

健康診断のときに調べてみたら、自分の年齢よりもかなり血管年齢が高かった・・・そんなときは凹んでしまいますよね。

 

普通に生活しているだけなのに血管年齢が非常に高くなっていたのなら、これからどうしたらよいかわからなくなります。どんな生活をすると上がってしまうのでしょうか?血管年齢が上がる原因について調べました

 

塩分や脂分のとりすぎ

 

肉類は体のエネルギー源として必要なものですが、食べ過ぎはいけません。特に脂身の多い肉ばかり食べていると、血液の流れが悪くなって血管年齢が上がります

 

血管年齢を下げるには塩分と脂分のとりすぎに注意

 

また、塩分が多い食べ物も血液の流れの妨げになりますので、普段から塩分の濃い味付けの料理は避けたほうが良いでしょう。

 

運動不足

年齢とともに体を動かす機会が減ってしまうために運動不足に陥る場合は多いです。血管を若く保つためには健康を維持するために運動を取り入れるのが必要です。

 

血管年齢を下げるためには運動不足を解消する

 

特に激しい運動をしなければならないわけではありませんが、血管年齢を下げるために有酸素運動を普段の生活に取り入れていきましょう。軽くジョギングをしたりウォーキングをしたりするだけでも効果は現れます。

 

その他にもストレスをためるような毎日を送っている事も血管年齢を上げる原因になります。年齢が高くなればなるほど仕事でも責任のあるものを任される場面が多くなり、仕事も忙しくなるものです。

 

仕事が忙しければストレスもたまります。そのストレスをほうっておく事でさらにストレスが増えて体調を崩すといけませんから、血管年齢を下げるためにもストレスを無くす、適度に体を動かす、を心がけ、食べ物は野菜を中心に、塩分の高いものは控えましょう

 

 

血管年齢の測定するには?無料でできる?

血管年齢の測定するには?無料でできるのでしょうか?

 

血管の中は自分で見れない場所ですから、自分の血管はドロドロなの?それともサラサラなの?と気になります。

 

血管年齢が気になる

 

自分の血管年齢を知りたがる方は多いですが、病院に行って調べてもらうとお金がかかってしまうから、と後回しにしている方もいらっしゃるのでは?

 

測定は無料で行うこともできます。自分の血管年齢が気になる方のために、測定する方法について調べました。

 

最も正確な値を知りたい方は病院で血管年齢を測定してもらいましょう。病院では加速度脳波計や脳波速度検査などを行って、血管の状態を調べてくれます。血圧が高くて不安のある方は頸動脈エコーを行う場合もあります。

 

病院では有料となってしまうので無料で血管年齢を測定したい方は、薬局やショッピングセンターが不定期で行っている血管年齢測定サービスを利用しましょう。

 

ショッピングセンターなどではたまに薬剤師が血管年齢など健康状態を調べてくれるイベントを行っています。

 

無料ですからお買い物のついでに利用して、自分の健康状態を調べる事ができます。ショッピングセンターや薬局のチラシにイベントのお知らせが出ていますから、見つけたら参加しましょう。

 

それ以外にも血圧計で測った値から血管年齢を調べる方法もありますし、最近では血管年齢を測定できる無料アプリもあります。

 

血管年齢を調べるアプリ

 

アプリはカメラの部分の指を当てて数十秒置いておくだけで血管年齢を知ることができますから、いつでも簡単に利用できますね。

 

体に特に不調が出ているわけではないけれど自分の血管年齢が気になる方は、ぜひ無料測定を利用しましょう。

 

 

血管年齢の検査は病院の何科?自宅でもできる?

血管年齢の検査は病院の何科?
また自宅でもできるできるのでしょうか?

 

調べてもらいたいから病院に行きたいと思った時、一体何科の病院に行ったらよいか悩みます。

 

普通に内科に行って血管年齢を測ってください!と頼めばすぐに調べてもらえるのか、それとも特別な病院に行かなければならないのか・・・血管年齢を測れる病院はどこなのか調べました。

 

血管年齢の検査を病院で受けるには?

 

忙しくて病院に行けない方のために、自宅で調べる方法がないかについてもお話します。

 

血管年齢を調べてくれる病院はどこ?

 

血管年齢は、動脈硬化などを取り扱っている循環器内科や心臓血管外科で調べてもらえます。細かく調べてもらうためには、これらの専門の診療科に行ったほうがよいでしょう。

 

しかしそこまで深刻ではないから、基本的なデータさえわかればそれでいいという方は、近くのクリニックでも良いでしょう。

 

すべてのクリニックが扱っているわけではありませんが、基本的な検査は受け付けてくれるクリニックもあります。最寄りのクリニックで調べてもらえるか、一度確認しましょう。

 

血管年齢は自宅でも調べられる?

 

仕事が忙しくて平日は休みがとれないから自宅で血管年齢を調べたい人もいるでしょう。血圧計があれば自宅でも血管年齢を調べる事ができます

 

まずは自分の平均血圧を調べます。 

 

平均血圧=(最高血圧-最低血圧)÷3+最低血圧

 

平均血圧が90位上の方は、血管年齢が高いでしょう。

 

血管年齢を自宅で調べる方法

 

もう一つ脈圧でも血管年齢を調べられます。最高血圧-最低血圧の値が60以上の方は脈圧が高いですから危険です。

 

自宅でもある程度の血管年齢はわかりますが、数値が高い方は一度時間をとって病院できちんと検査してもらいましょう。

 

 

血管年齢を血圧は関係ある?

血管年齢を血圧は関係あるのでしょうか?

 

血管年齢が高い方は動脈が硬くなって動脈硬化を起こしている状態にあります。動脈硬化が起きていると血圧にも大きな影響を与えますから、血管年齢と血圧には大きな関係があります

 

血管年齢と血圧は関係ある?

 

血圧が高い方は、血液が流れるときに血管にかなりの圧力がかかります。いくら血管が強かったとしてもいつも活力がかかっているのでは血管は傷つきやすくなります。

 

血管は大きな負荷がかかるとそれに負けまいとして血管の壁を厚くする事で対応しようとします。それが動脈硬化の状態です。

 

血圧が高いために血管の壁がどんどんと厚くなっていき動脈硬化が高くなると、血管は厚くなった分だけ中が狭くなってしまいますから、血液が通りにくくなります。

 

けれど血管は血液を通さなければいけませんから、さらに圧力を与える事になり、動脈硬化がさらに悪化するといった悪循環が繰り返されます。

 

このままの状態でほうっておくと動脈硬化が原因で、脳卒中や心筋梗塞などの怖い病気を引き起こす原因になりますから、動脈硬化が起こらないように、血管年齢が上がらないように予防するのは非常に大切です。
血管年齢が上がりすぎると脳卒中のリスクが高くなる

 

自分の血管年齢や血圧についてはよく知らないなんて方も多いですが、自分は大丈夫だろうと何も考えないで生活していると、いつの間にか動脈硬化が進んでいて、血管が厚くなり、血圧が高くなるという状態になってしまっているかもしれません。

 

脳卒中などの病気になってから気がつくのでは遅いですから、血管年齢や血圧については定期的にチェックするのをおすすめします。